menu

◆ナイロビの熱

ケニア ナイロビの夜。
10:00pm。タクシーを捕まえて野外のクラブへ行くと半裸の黒人男女が200人くらい群がってた。見渡す限りの黒人の中、黄色人種の自分は奇異の目で眺められる。観察するように、無遠慮に上から下まで舐めるような視線。地球の歩き方に書いてあった「ナイロビでは7:00pm以降に出歩くのは危険。」は本当のようだ。
ここでは完全なるマイノリティであることを嫌でも自覚する。
たどたどしくもビールをオーダーすると、ナイロビでは当たり前の常温ビールが手渡された。ビールは冷やして飲むものだと思っていたが、慣れてしまうと、むしろ常温ビールを好んで選んでしまう。慣れとは恐ろしい。
ぬるいビールを飲みながら、ここまで来たのだからと音に合わせて踊っていると、やはり半裸の黒人女性が僕の腰を両手でガッシリと挟み「Will you buy me?」と顔を近づけてくる。怪しい煙を吐き出してこちらに向かって盛んに何かを 話しかけて来る5、6人の男達。無表情な彼らの顔からは友好的な発言なのか、その逆なのか全く分からない。傍らでは生バンドの演奏が段ボール箱サイズのスピーカーを通して響き渡る。どこかで何かを焼いている匂いがする。そういえばここに来るまでにもドラム缶を囲んで何かを焼いている景色を2回ほど見た。
昼間に行ったスラム街よりも更に危険な匂いがする。気づけばさっきよりも男達との距離が近い。物色する目が今は隙を狙う目に変わっている。これ以上は危険だ。直感的にそう感じる。

それでも。

それでも知りたい。

知らなかったものを味わってみたい。

知らずに死ねない。

その衝動が恐怖に僅差で勝り、自分をそこに留め、更に奥へと進める。

異国の地を彷徨う旅は刺激的だ。
知らない事が多すぎる。

しかし、日本での生活もまた刺激的だ。
知らない事が多すぎる。

だから、発見に満ちている。
世界のどこにも行かなくても刺激的な毎日は送れる。
そのためにやるべき事はただ一つ。

好きな仕事を選ぶだけだ。

好きな仕事を選べば日常はいくらでも刺激的になる。知りたい事が溢れてくる。やればやるほどもっと知りたくなる。

奥へ奥へと進んでいけば、ナイロビで感じたあのヒリつく恐怖と、奇妙な興奮が迎えてくれる。

一度しかない人生。
好きな仕事を選ぼう。

◆取材【ninoya】サイトにて!

◆璃子の学芸会

関連記事

  1. ◆【仙台出張コーディネート&セミナー】

    今年3回目となる仙台出張!今回は、婚活セミナーの講師と洋服のスタイリングの仕事でやって参りま…

  2. ◆凹凸 (長文)

    あまりにもヤバい事が起こると、現実味が無くて、なんか他人事みたいに思う事ってありますよね。数年に…

  3. ◆TOKYO Party

    伝統と革新が混在する街【東京】。◉河内音頭大盆踊り@錦糸町毎年、夏の終わりに開催…

  4. ◆創立4周年記念パーティー

    会社を創業して4年。会社名が「株式会社イキニーキル」から「株式会社アクエリアス」…

  5. ◆CRAZOO

    CRAZOO!!常識を打ち壊して先へ先へと進む圧倒的なクリエイター集団、CRAZY incの3周…

  6. ◆東京モーターショー -TMS2015- BMW/ポルシェ/…

    東京モーターショー!最後の最後に猛ダッシュで駆けつけて、最後の20分でしたが、フィナーレに間に合いま…

  7. ◆一流の人はなぜそこまで習慣にこだわるのか

    ikineykir Co.Ltd.で定期開催しているモデルサミットですが、今回はパーソナルスタイリン…

  8. ◆【膳 こころ粋】「浜松 至福のランチ」に掲載

    地元、静岡県浜松市にて母が営む自宅を改装した小料理屋【膳 こころ粋】が、「浜松 至福のランチ」-…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP