menu

▼光の湯と闇の湯

受験生は旅先でも勉強。
快適過ぎる環境にむしろ勉強はかどります。笑

星のや軽井沢滞在中は、何度も瞑想をしました。
メディテーションバスという温泉があり、一面明るい光に包まれた「光の湯」と、光を一切遮断した真っ暗闇のお風呂「闇の湯」があります。

光の湯は普通の明るい温泉なのですが、闇の湯の方は本当に真っ暗。天井に弱々しい光がほんの少し漏れてるだけなので、最初はかなり怖いです。妻と娘たちは怖くて入れなかったとのこと。

僕も恐る恐るですが、闇の中を歩いていき、真っ暗闇の中、壁を触っていくと腰掛けを見つけました。そこに座り、座禅を組みます。
瞑想する時は必ず座禅を組みます。なぜか昔から座禅が大好きなんですよね。笑

自分の身体すら見えない真っ暗闇の中、聞こえるのは水の音と環境音。少しずつ心が落ち着いていきます。と同時に目が慣れてきて、身体がぼんやり見えて来ます。

頭の中の散らかった日常が、少しずつ整理されていきます。研ぎ澄まされていく感覚があります。
目を開けても閉じても真っ暗闇の中、不思議ともっと闇を求めたくなる自分がいます。闇の湯に入るのは、昼よりも夜の方がオススメです。何故かというと、闇が昼よりも一層濃いからです。闇の湯の造りは、コの字型になっており、日中だと「コ」の右端から光が漏れて来ます。夜だと光が全く入って来ません。精神を統一するためには、最高の環境かもしれません。

瞑想体験は、星のやのコンセプト通り、まさに現代を休む日であり、日常を整理する日です。また頭をクリアにして、日常へと戻っていきたいと思います。

▼母の日と星のや軽井沢

▼RK Garden

関連記事

  1. ◆【膳 こころ粋】浜松ぐるぐるマップに掲載!

    実家の一部を改装し、母が一人で切り盛りする創作和食のお店【膳 こころ粋】が、浜松ぐるぐるマッ…

  2. ▼璃子・樹似運動会

    曇天の土曜と晴天の土曜に、小学校と保育園、それぞれの運動会が行われました。「平成最後の大運動…

  3. ◆昭和の夏休み

    夏休みらしい風景を探しに奥多摩渓谷へ。樹齢700年の三本杉がそびえる神社や、透き通った水が流…

  4. ◆Green Fingers 展示会《HERE AND THER…

    Green Fingers の展示会《HERE AND THERE》へ家族で行って来ましたー。"グリ…

  5. ◆Comorrow Land Summer 2016

    今年のお盆は、コモローランドへ。長女はハンモックに包まれ、次女はエルゴに包まれ、二人ともご満悦。…

  6. ◆仙台泉プレミアムアウトレット コーディネート

    仙台でのトータルファッションコーディネート完了!今回は、東北エリア最大の仙台泉プレミアムアウトレ…

  7. ▼ピーナッツダイナー

    “スヌーピーは、アメリカの漫画家、チャールズ・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に…

  8. ◆シルクドソレイユ TOTEM

    ゴールデンウイーク1発目は、DAIHATSUシルクドソレイユのTOTEM(トーテム)を観て来ました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP