menu

◆高尾山を登って。

叔母の命日に家族で高尾山に登りました。

雨上がりの山道は神秘的で、樹齢何百年の樹は神聖さを帯びています。
10キロの樹似を抱っこひもに抱えて登っていくのはなかなかに応え、ヒーヒー言っていると、花が手を繋いで引ってくれたり、璃子が背中を押してくれたりして、家族四人で一歩ずつ登って行きました。

登っていく中で、59歳の若さでこの世を去った叔母のことを何度も思い出し、様々な想いが胸を去来しました。
生きているということや残された時間について、改めて考えさせられました。

1時間弱、山道を登っていくと、薬王院の前に出ました。向こうから「おーい!」と呼ぶ声がするので振り向くと、待ち合わせた義母達の顔が見え、なんだかすごく安心しました。

薬王院で精進料理を食べ、今度は親戚一同で山頂を目指しました。

言葉にしなくても心が通じている。

高尾山の神聖な緑の中、家族皆で歩くという、自分たちらしい命日の過ごし方でした。

————————————————————

生きる    
                 谷川 俊太郎         

生きているということ
今生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎていくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

◆Do one thing everyday that scares you.

◆「東京ファッションコーディネートラボ」 メディア掲載!

関連記事

  1. ◆22㎞の散歩

    最近もっぱら散歩にハマってます。爺さんみたいな趣味ですが、樹似をベビーカーで押しながら花と一緒に公園…

  2. ◆江ノ島水族館へGO!

    樹似(じゅに)も成長して来て、時々散歩へ出掛けられるようになりました。璃子(りこ)にどこへ行きた…

  3. ▼温泉脱デジタル

    璃子の30日間の夏期講習が終わり、数日だけの夏休み。川のせせらぎがマイナスイオンを放っていて癒されま…

  4. ▼2018/1/26 BD

    1月26日。誕生日を迎えました!誕生日当日は、六本木ヒルズクラブでお世話になっているクラ…

  5. ◆The Kids Are All Right!! -2016.…

    大樹のように育って欲しいと願って生まれた樹似も、今日で1歳!一年で身長も体重も増え、母乳から…

  6. ◆家族と副交感神経

    アドレナリン大放出のウィークデイを終え、週末は家族との時間。家族といると副交感神経が優位にな…

  7. ▼璃子・樹似運動会

    曇天の土曜と晴天の土曜に、小学校と保育園、それぞれの運動会が行われました。「平成最後の大運動…

  8. ▼Rico 12th,Juni 3rd BD!!

    7月は娘達の誕生日でした!長女の璃子は12歳、次女の樹似は3歳になりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP