menu

◆名古屋 老舗料亭 河文

名古屋出張にかこつけて、PLAN DO SEE の手掛ける名古屋の老舗料亭【河文】へやって参りました。

寛永の時代に河内屋文左衛門という一人の料理人が創業した料亭で、尾張徳川家御用達として使われたとか。
最初の一品目に登場したアワビは当時とほとんど変わらない方法で作られているそう。いきなり絶品でした。

とにかく美味しいのと、激しくお洒落なのとで、だいぶ満足して帰ろうとすると、何とお土産が。河文を紹介してくれた元PLAN DO SEEであり、高校の後輩でもある見米からの粋な計らいでした。

うーん…粋過ぎ。
名古屋が大好きになりました。

 

◆kintan

◆Crazy Kitchen 1st anniversary!!

関連記事

  1. ◆どうしても会いたい人

    週末は、横浜赤レンガ倉庫にて開催中の「パンのフェス」へ。花も璃子も樹似もみんなパンが大好きなので、全…

  2. ◆2017年の夏休み

    8月も残すところ、あと2日。毎年夏が楽しみで楽しみで待ちきれないのですが、その夏ももうすぐ終わる…

  3. ◆【膳 こころ粋】「浜松 至福のランチ」に掲載

    地元、静岡県浜松市にて母が営む自宅を改装した小料理屋【膳 こころ粋】が、「浜松 至福のランチ」-…

  4. ◆10年ぶりの北海道

    10年ぶりの北海道。前回来た時には、東京から男二人、バイクで野宿しながらの旅でした。7月…

  5. ◆セミコングランプリ-2017- 京都

    年に一度のセミナー講師の祭典「セミコングランプリ」。10周年を迎えた今年は京都で開催というこ…

  6. ▼ピーナッツダイナー

    “スヌーピーは、アメリカの漫画家、チャールズ・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に…

  7. ▼母の日と星のや軽井沢

    母の日。星のや軽井沢に来ています。昨年は、星のや京都へうちの母を連れて行ったので、今年は花の…

  8. ◆Ramo Frutas Cafe1周年記念パーティー

    義兄であるまーぼー兄ちゃんが担当するcafécompanyのRamo Frutas Cafe1周年記…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP